仮想化提案 虎の巻 第1巻|ソフトバンク コマース&サービス C&S Focus 特集

第1巻仮想化ってそもそもなんだ?

Back Number : 1234

仮想化の種類は?

一番ポピュラーなのはOSの仮想化

この10年くらい仮想化といえばOSの仮想化のことを言っているといっても過言ではありませんでした。WindowsやLinuxといったOSを1台のサーバーの上で複数台動かすときに仮想化技術を取り入れました。でも複数のOSを1台のサーバー上で動かすことがOSの仮想化の本質ではなく、結果としてそのような環境になったというのが正しい見方なんです。
OSの仮想化をする理由について詳しく説明していきますが、その前に普通のOS環境ってどうなっているかを改めておさらいしてみましょう。

仮想化されていない環境はどんなふうになっているの?

英語を話す人と、日本語を話す人の通訳をする翻訳機能だと理解してください。
OSはプログラムなので、ハードウエアと直接会話をすることができません。OSがハードウエア(その逆も含め)に伝えたいことを正しく話すために必要な機能がファームウエアやドライバなのです。

OSの仮想化はどんなふうになっているの?

なぜOSの仮想化が行われるようになったのか?

サーバーやPCのメーカーは、OSのサポート期間にあわせてファームウエアやアップグレードを提供します。しかし保守提供期間が終了してしまうと、故障した際にパーツの提供を受けられないという状況が起こります。そこで一般的には新しいサーバーに移行します。しかしながら新しいサーバーでは、今利用しているOSに対応したファームウエアが提供されていないということがあります。

OSの仮想化で副次的に生まれた効果

「OSのサポート終了」は、「アプリの仮想化」提案のチャンス!

Windows XPは「2014年4月9日」、Windows Server 2003は「2015年7月15日」にサポート終了です。サポートが終了した環境には最新のセキュリティパッチなどが提供されなくなり、重要なデータが格納されているサーバーが、常に外部からの危険に晒されている状況になります。そこで、単純にOSの仮想化をするのではなく、ニーズや、予算にあった、対応をする必要があります。

○ このような場合に対処する方法は大きくわけて4つになります。

  最新のOSにシステムを移行 新しいアプリを導入(既存破棄) OSの仮想化 アプリの仮想化
価格面
難易度 △ or ○ △ or ○
セキュリティ
使い勝手 △ or ○

お客さまにとって、どのパターンが最適なのか? その際のリスクは何か? 弊社では、実績のあるスタッフにより、ハードウエア・ソフトウエアを含めた全体的な環境のご提案をさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください。

このページの先頭へ

お問い合わせ

仮想化についてのご相談・お問い合わせは、
御社担当の弊社営業または、右記メールフォームまでご連絡ください。
担当者よりご連絡をさせていただきます。

お問い合わせ先